スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夕闇」、更新しました。
もはや短編ではなくなってますね。
あと2回更新して、今週中には終わらせようと思います。これってフラグ?

元々時間をかけるつもりはなかったのに、
前回と今回にものすごく時間がかかってしまった。
途中で体調を崩したのも原因です。
まぁ体調はしょっちゅうおかしくなっていますけど。
次の更新分はもうほとんど書けているし、さくっといきたいです!

「木琴」のときしらず先生に最速にてレビューしていただきました。
http://fastneet.org/item/ns8494#review
うわー、何これ、すごく嬉しいものですね…!ありがとうございます!
ちょっぴり大人向け、艶っぽい、という単語にびびりましたw
まぁ文章と書いてる人は別物ですからね。文章の可能性って無限大。
うう、何かを書いてそれを受け止めて表現してくださる人が居るというのは
とてもありがたく嬉しいことだなぁ。

以下、つらつらと無駄話
この間久々にひとつめ(きっと手に入らない夏)を
部分的に読み返してみたのですが。
なにこれ!とすごいびっくりした……
なんでこんなにどエロいのだろう。
なんだか強迫観念じみたエロささえ感じます。
当時の自分が考えていたのは、
「とにかく極めて実際的に、心理状態をマテリアルに書こう」ということで、
読んでいる人の興奮をいたずらに誘うような表現を意図して避けて、
とにかく実際的に書きたい、ということだったのです。
要するに「お約束のエロ展開、台詞を絶対に言わせたくない!」という。
後半になるにつれ、意図的にそういうお決まり的台詞を増やしています。
どんどん戯画化というか、見世物的になっていったらいいなぁと。

そうやってとにかく自分なりに克明に書こうとすることで
いったいどういう効用があったのかは本当に謎でしかないのですが、
もうああいう強迫観念じみたものを書かせようとする何かは
私の中からさっぱりいなくなってしまったんだなぁ、としみじみします。
特に何か環境が変わったとかそういうことはないのですけどね。
最近はいたって平和に過ごしているので、書いてるものもなんだか穏やか?です。
そういう意味では面白くないけど、まぁ別に書くために生きてるわけじゃないので
平凡な私は平穏な人生をそれはそれで味わいつつ時間を潰しています。

またきっとトラウマティックな出来事があったら
強迫観念じみたものを書くんだろうなぁ。
でも書くまでにまた何年もかかるんだろうなw
傷ついてないと人生に対してやる気が出ないという根本的に駄目なタイプなので
きっとこれからごりごり傷ついていくのでしょう。
そしてなんか書くのかもしれないし。
そういうものを小説と呼べるかどうかはともかく(呼べないと思ってます)
どんな形態のものでも発表できる場があるのは嬉しいことだなー。

今も、腑抜けは腑抜けなりに楽しんで書いてます。
そして他にも色々とやってみたいことがいくつか。
うん、とても楽しみ。

Trackback

Trackback URL
http://camellia999.blog84.fc2.com/tb.php/64-687bdfc6

Comment

Comment Form
公開設定

Proflie
  • Author:つばき
  • 新都社「文藝新都」で作品を公開してます。
    ○skype/camellia_999
    ○twitter/_cammelia
Twitter
recent entries
comment
archives
links
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。