スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント返信をブログでさせて頂くことにしました。
古いものに頂いても、リアルタイムで対応できるので。
いえ貰えるかどうかとかは別問題として。
[ロマンチックノイローゼ]

・幻想希求カタルシス
[1] なんていうんだろう、ぬるま湯に沈んでいくような、そんな感じ。こういう雰囲気好きだ <'2010 04/24 23:14>
>>雰囲気だけを重視して作りこみすぎたなぁと書いた人は反省していますが、雰囲気を味わっていただければ何よりなのです。

[2] 緩急がない独特の速度をもつ世界観の中で、登場人物の心情にどっぷりと浸かることが出来ました。 <'2010 04/25 00:05>
>>閉塞感というか、滞留している感じをすごく意識しながら書いていたので、汲み取ってくださって嬉しいです!ありがとうございます。

[3] 彼女が残酷ですね。輪の外にいるような私の気持ちを思うとやるせないです。 <'2010 04/25 01:42>
>>でも恋をしていると、その辺りの力関係で負けててもいーや、ってなっちゃうんですよね。
 まったく遣る瀬無いですね。


・夕闇(1)
[4] 気づいてると性的な面を意識するのは、男性特有というか、もう潜在的なものなんだろうなと不意に・・・ <'201
0 05/12 01:23>
>>私は女ですけどものすごい女の子の足とか見ちゃうので、寧ろじろじろ見れない男子は大変だなぁといつも思ってます。寧ろ女子の方が、性的なものを意識させる生き物なのかもしれないですね。

[5] 自分の語彙が少ないのでうまく言葉にできないけど雰囲気好きです。 <'2010 05/12 22:40>
>>文藝の作品にコメントするのって難しい時がありますよね。でもこういうお言葉を頂くと嬉しいです。ありがとうございます。


それから時間が空いてしまったものもあるけど、古いものについてもお返事したいのです!


[きっと手に入らない夏]

[57] 俺男だけど、自分が女だったらこんな感じなのだろうかと言うくらい共感できた。おにゃのこは関わりたくなくても異性に関わらなくちゃあいけないから、同情を禁じえない <'2010 03/21 22:52>
>>[58]の通りに編集しましたwこのコメントはなんだかいろんな意味ですごく嬉しかったです。というか、これを書いてみて、こういう意識が男性にも伝わるんだということが意外な発見でした。女子側も努力しますので、大事な女の子にはぜひ優しくしてあげてください…!


[アズ・ア・ドッグ]

[24] 一気に読んだ。なかなかおもしろかったです <'2010 04/01 13:50>
>>書くのは2ヶ月だけど読むのは結構あっという間ですよね。よくわからない話を通して読んでくださってありがとうございますw

[25] 読了しますた 途中の笑う男はストーリー的にはちと微妙な気がしなくもないが、作者的には必要だった? <'2010 05/11 04:46>
>>私も少し前に一気に読んだのですが、その辺のエピソードのところでテンポが悪くなるなと感じました。でもなんか出てきちゃったんですよね…読了ありがとうございます!



以下、コメントから考えたことをつらつらと。チラ裏です


アズ・ア・ドッグに頂いたコメント。
夢の話(笑う男)は自分でも微妙だなぁとはわかっていたのです。
唐突過ぎるし、必然性はないし、面白味もないし。
でもなんだかその時になんとなく出てきてしまって書いてしまった。

けれど先日久々に通して読み返してみて、ちょっとわかった気がしました。
アズ・ア・ドッグは、私の中ではひとつめ(きっと~)に比べると
すごくすごく綺麗な話、だったのです。おとぎ話のような。
主人公が真っ直ぐすぎて影がなさすぎた。

だからそのカウンターバランスとして、暴力が必要だったんだな、と。

彼女の中には男に対する強烈な憎しみがあるはずで、
でも私はそういうものをうまくストーリーの中で表現できなくて、
夢というかたちでしか含ませられなかったんだなー、
だからこんなに唐突で、流れが悪くなっちゃったんだ。
…と、自分で書いたものを自分で分析して納得するという蛇の輪っか状態の自己満足。

それにしても、私はわりとぼんやりのほほんとした人間だと思うのですが、
なぜか暴力的な言葉を使った文章を書いていると妙に安らぐのですよね。
それは実在の私が極めて非エロティックな存在であるにも関わらず
文章を書く際には性的なものをやたらと強調したがる、というのと
似ているのかもしれないですね。
きっと人間というのは多かれ少なかれ、そうやってバランスを取っているのでしょう。

ちなみに残酷映画とかそういうのは全然駄目です。
村上龍のコインロッカーベイビーズは吐き気を堪えて読みました。
(吐き気を催させるのも、催させてなお読ませるのもすごいなぁと思う)
犯罪心理系のノンフィクションはなぜかものすごく大好きなので、
お勧めがあれば教えてくださると喜びます。

Trackback

Trackback URL
http://camellia999.blog84.fc2.com/tb.php/62-bb59facb

Comment

Comment Form
公開設定

Proflie
  • Author:つばき
  • 新都社「文藝新都」で作品を公開してます。
    ○skype/camellia_999
    ○twitter/_cammelia
Twitter
recent entries
comment
archives
links
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。