スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにげなくチェックしてみたら、ひとつめの方にコメントを頂いていた。
とても久しぶり。
うわーびっくりした。ありがとうございます。
色々と拙くて不親切なお話に付き合ってくださってありがとうございます。
異性に共感される話だとは全く思っていなかったので
とてもとても興味深いコメントでした。

あなたが感じているようなことはみんなが感じているんだけど、
みんなどこかで折り合いをつけてうまく妥協して乗り越えていくんだよ、
だから出口が見つかることはないと思うけど、まぁうまくいくといいね。
と、昔言われたことがあって。(もちろんネットの世界で)
私にはどうしても妥協できないことがたくさんあって、
どうやら世間的にそれは異常なことらしくって、
自分の考えてるようなことを考える人なんて他にはいないんだと思うとすごく寂しくて、
妥協して周囲に溶け込んでしまおうともするのだけど、
結局どこまで妥協したって違和しか覚えない。
そういうのが、ちょっと前はすごく辛かった。
もう今は辛いとかそういうこと言える歳でもないからなw
結局どこまでも自分は一人なのだということを引き受けられるような気持ちになれたことが
(ちゃんと引き受けられるなんてとても言えない)
無駄に死に遅れている現状で、少しでも良かったと思えることのひとつです。

話の軸がずれているので元に戻すと、
文章を書いてみることでもしもいいことがあるとすれば、
そういう自分の本質的なものを誰かに伝えることが出来るという点だと思うのです。
とても効率が悪くて泥臭い、時間も労力もかかる方法だけど。(発信側にも受け手側にも)
そして書いてみた結果、なんだよ私は別に一人じゃないんじゃん、
と思えたことが、ほんのり幸せです。
こんなくーきのような作家でも幸せに浸らせてくれてありがとうにーとしゃよ。

最近ちょっと忙しくなって、まとまった時間があれば文章を書こうと思うので
どうしてもブログから遠ざかっていたのですが
(まぁさしたるネタもないし、ついったーもあるし)
久々にチラ裏やってみるとなんだか妙に心が落ち着くな。
でもこういう新都社と全然関係ないよくわからない物思いを書くのって
どうなのかな、まぁageなければいいのですよね。たぶん。
スポンサーサイト
Proflie
  • Author:つばき
  • 新都社「文藝新都」で作品を公開してます。
    ○skype/camellia_999
    ○twitter/_cammelia
Twitter
recent entries
comment
archives
links
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。