スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画についてなど、雑文

本当に久しぶりにブログを書きます。
ここ一月以上色々あってまともに文章を書いていない…というか書けないでいるのですが、少し実際的で、なおかつやや抽象寄りの文章なら少しはうまく定着するかもしれないので、そういう効能というか、リハビリ的な要素を期待して。
(でもこうやってPCに向かって文字を打ち込んでいる今も、どこまで文章が続いていくのか少しも自信がなかったりする)


新都社活動について。
つばき名義ではほとんど沈黙しているような状態ですが、一応発表・未発表をあわせて、去年の春頃から200枚くらいは書いています。いえ、十分に少ないんですけどね。
一番最近では「遅筆友の会」名義で、「かくも遅咲き短編集」に参加させていただきました。
これがまた果てしなく素敵な企画で、私はやはり単に乗っかっただけの人だったのですが、企画者さんや素敵な表紙の力添えのお陰で、随分と満足度の高いものになった気がします。お題もタイトルもこの上なく上等。
当たり前だけど、私一人がぽつんと存在しているだけではこういうものはどう頑張っても生まれてこないわけで、人と人が関わるというのは本当に発電なのだな、と思います。ほんの少しの交わりだけで膨らんで発光していくんだなって。それがめくるめく素敵な力になるのを内側で体験させていただいて、基本的に正の感情に大袈裟な私は幸せのあまり結構頭がおかしくなっていました。とても嬉しかったです。
そんな歓びの態度がまったく反映されていないぶっちぎりの〆切遅刻具合で申し訳なかったんですけど。


企画での自分の作品について少し。
(本当は語ったりするのは恥ずかしいことなんだろうけど)

>> More...

スポンサーサイト

合作小説「涙雨」、完結しています。
あれこれ感想をもらったり、率直な意見を頂いたりできて何より。

そして久々に短編集もage更新しました。

「涙雨」を書き始める前に、
「こういう感じの女の子の話を書きたいんです」
ということを相方さんに伝えるために、一本の短編を書きました。
もう一年以上も前の話。
枠組みはそのまま「涙雨」の私側の2、3話に受け継がれていますが、
中身はまた違う話になっています。
「涙雨」をお読み下さった方は、読み比べてみると面白い、かも。
もちろん、それはそれとして独立して読むことも出来ます。

以下、短編と「涙雨」の関わりなんかについて色々。

>> More...

合作小説「涙雨」更新中です。
話数的には既に折り返し地点だったりします。
私の方はこっから今まで以上にセンチメンタルをひた走っていくので
そういうのが苦手な人はこの辺で引き返してください。
嘘です。本当は読まれたいです。できれば。

もう思う存分綺麗に綺麗に書いたので満足したのもあるし、
最近ちょっと色々ありすぎて自分の内側が変わっちゃったのもあるし、
そういうの含めて反動形成なのか、また変な短編を書いたりしてます。
でもこっちの方は上げるのはずっとずっと先。
せっかく新都社にしつこく居座っているので、
他の物書きさんに見ていただいたり出来たらな、と画策してます。
思わず泣くくらいに辛辣で正直な意見が欲しい。

合作が更新中の間は逆になんの遠慮もなくまったり書けるので
書き溜めというのも悪くないなぁと思いますね。
一人だと溜めてられなくてついつい更新してしまうんだけど。

そうそう、文芸カタログにも登場させていただきました。
どっちも読んで爆笑しました。雨露十色とか綺麗ですね。光栄です。
客観的な評価として受け止めさせていただきますね。

それから、今月の29日にひとつめの作品(きっと手に入らない夏)を
消してしまおうかと思います。
消します予告は構ってちゃんみたいでなんだか嫌なんですけど
もしも、万が一、読んでる人がいたらなぁという配慮です。
だからどうしろって急いで読んでいただくしかないんですけど。
保存とかそういう鬼の所業は止…いや、別にしたい人もいないだろう。

誕生日に消すとかやることダサいなぁと思いつつ、
やっぱり区切りがいいのですよね。
ただでさえ書いてる量が少ないのにな。
これからも細々とやってます。たぶん。

合作小説「涙雨」、公開。

硬質アルマイト先生との合作小説「涙雨」、公開しました。
http://neetsha.in/10743

基本は週二回更新。お互いの文章が一話ずつ交互に更新されていく形式です。
もう最終話まで書き終えています。
完結は六月の下旬予定。
テキストの分量もそこそこあるこってりした長編(たぶん)なのですが、
好奇心からでも読み始めていただけるととても嬉しいです。

>> More...

お題くじ企画上げました。
今回は本当に試験的っていうかなんていうか。

お題は"Wait"だったんですが、
せっかくの英語をなんの捻りもなく使いました。
そして本気でなんにも考えずに書きました。
出発は最初のシーンのぼんやりとしたイメージだけで、
「さてどうなるのかしら」と思いつつ言葉を並べていきました。
少年が出てくることはわかっていたけど、それがどんな少年かもわからないし、
いったい誰が何を"待って"いるのかさえわからないまま。
結果としてそんなにたいしたことのない、
いかにも寓話的な話ができあがったわけですが。

文章に関してはもう少し意識的に。
情景描写をふんだんに、比喩を多めに使う。
いつもと多少違う雰囲気になってるんじゃないかなぁと思うけど、
どうなのだろう。
話の内容はともかく、文章を並べていくのがすごく楽しかったです。

たまには全然現実的じゃない話もいいな。
こういうひっそりしたチャレンジができるから短編はいいですね。


それから短編集のサムネを作ってみました。
更新して無いくせにね。
何かしら描いてみるたびに、絵を描ける人はすごいなぁと思います。
ちまちま作業するのは楽しいけど、
仕上がったあとには「あーやっぱり駄目だわ……」って無力感の方が大きい。
文章だと一応それなりの自己満足感があるので、
やっぱり人には向いている方面というものがあるのでしょう。

今年は更に更新が減りそうな気もしますが、
コンスタントに文章を書いていければなぁと思います。頑張ろう。
Proflie
  • Author:つばき
  • 新都社「文藝新都」で作品を公開してます。
    ○skype/camellia_999
    ○twitter/_cammelia
Twitter
recent entries
comment
archives
links
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。